手の甲にシワができるのは、「紫外線」と「加齢」が大きな原因です。

もちろん”乾燥”が原因でシワになることもありますが、なかなか消えない頑固なシワは、乾燥によるものではありません。そこで今回は、紫外線を徹底的に防ぐ方法をお伝えしていきたいと思います。

加齢は止められませんが、紫外線は努力次第で防ぐことができます。ツルツルの手の甲になるためにも、できそうなことから取り入れてみてくださいね。

 

日焼け止めは絶対

まず、手の甲に日焼け止めを塗るのは絶対!です。顔にはしっかり塗るけど手には塗ってなかった…という人は多いのではないでしょうか。顔に日焼け止めを塗るついでに、手の甲にもたっぷり塗るのを習慣にしましょう。

また、面倒かもしれませんが、手を洗った後は必ず塗りなおすようにしてください。

 

お出かけ前にビタミンをとる

外に出る前にビタミンをとるのも効果的です。おすすめはトマトやいちごです。

いちごにはビタミンCがたっぷり含まれていますし、トマトには抗酸化物質であるリコピンが含まれています。

※キウイ、レモン、オレンジ、ミカンなどの柑橘類には、ソラレンという光毒性のある成分が含まれているため、外に出る前に摂ると紫外線を吸収しやすくなってしまいます。いちごならその心配がないのでおすすめです。

 

飲む日焼け止め

最近では、飲むだけで紫外線をカットしてくれる飲む日焼け止めも出ていますよね。日焼け止めを塗るのが面倒くさい!続かない!という人は飲む日焼け止めだけでも良いので、毎日飲むようにしましょう。めんどくさがりな人にぴったりの方法ですね。

 

グローブ・アームカバー

紫外線のせいでシワを作らせないためには、紫外線を直接当てないことが大事です。アームカバーやグローブなどがあれば、毎日つけて出かけると良いですね。

いつもつけているのはちょっと…という時は、紫外線の強い正午~14頃だけでもいいので付けるようにしましょう。

 

アフターケア

紫外線を浴びたちゃった・・・という日にはアフターケアをしっかりすると◎です。ビタミンCをたっぷり摂るようにして、保湿もより念入りにしましょう。

肌がヒリヒリする場合は保冷剤で冷やすようにして、なかなか治らない時は病院で見てもらってくださいね。

 

まとめ

紫外線をカットすれば、手の甲のシワは断然出来にくくなります。

きれいな手をゲットして、「あの人、顔も若いけど手もつるつる…。もしかして本当に若い人なのかな?!」って思われちゃいましょう。笑!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です